特許取得実績を持つ新亜光学工業株式会社!特許を持つことでのメリットも紹介

新亜光学工業株式会社の精密機械が支持を得ている理由とは?

特許取得による顧客に与えるメリット

2014年の光量調整装置、2015年には駆動モーターおよび光量調整装置の特許取得実績を持つ新亜光学工業株式会社。1つのブランドとして国内外の企業やお客さんから認知されており、高い支持を得ています。

特許は発明を保護する制度として、特許庁が与えている制度です。ちなみに、特許取得後原則20年間は、独占的な使用が可能です。それが無ければ、同業他社の社員などが特許レベルのアイデアを無断使用する可能性が出るので、光学分野における技術の発展ができる可能性を下げます。一方、個人や同業他社が製造や開発で特許のアイデアを使用したい場合、ライセンス料を支払う必要があります。新亜光学工業株式会社の光量調整装置であれば、一眼レフをはじめ日常的な使用以外に防犯カメラのような生活をサポートするカメラの製造に活用できます。1つの技術として導入している企業はあるようです。

特許申請や取得により、ホームページなどで発明の概要が確認できます。無断使用はできなくても、光学製品の発明を考えるには1つの参考になるはず。特許の情報公開をすることにより、発明や開発分野のスキルアップが図れます。新亜光学工業株式会社の特許技術を参考にしながら、発明や開発をしている人はいるかもしれません。

特許を取得した技術を用いて製造した製品は、番号表示の規定が望ましいようです。それにより、製品の技術力の裏付けや信頼を得られる効果が期待できます。新亜光学工業株式会社は上手に活用を行い、顧客の確保や新規開拓へと繋げています。

特許取得や申請を積極的にしている会社

複数の特許取得をしている新亜光学工業株式会社。技術力の裏付けができるため、顧客への信用を増すポイントとなるようです。また、特許を用いた模倣品を国内外の企業や個人が出すと、彼らが信用低下をする原因となりかねません。申請には費用が掛かりますが、今の顧客や自分の身を守る効果が得られます。

職場環境が良いのも見逃せない

企業でより良い製品づくりを目指すには、一人ひとりがそれに見合うスキルが必要です。職場環境が悪いと思うような発明や開発ができなかったり、内部の社員が他所に情報提供したりする原因となりかねません。新亜光学工業株式会社は職場環境の良さに定評があり、トラブル対策もできているようです。

輸送面も支持と関係しているのか?

カメラレンズや部品をはじめ各種精密機械は、輸送時の衝撃や落下のような影響を受けると破損しやすくなります。商品価値がなくなる以外に、余計や時間のロス発生に繋がることも。新亜光学工業株式会社は自社社員が輸送を行い、船やトラックのような車両も充実。輸送時のトラブル回避対策も万全です。