特許取得実績を持つ新亜光学工業株式会社!特許を持つことでのメリットも紹介

>

輸送面も支持と関係しているのか?

輸送面では?

品質の良い精密機械の製造ができても、お客さんに届けるまでが1つの仕事です。壊れやすい製品もあり、輸送時の衝撃や落下が生じることで商品価値はなくなります。場合によっては、お客さんへの信頼低下を招く場合も。

新亜光学工業株式会社は、運送業者に輸送の依頼はしません。自社社員が輸送を行い、トラブル回避の対策をしています。また、自社でトラックや船舶も所有しており、大口の輸送ができる環境や急ぎの発注があっても可能な範囲で応じられる環境が整っています。

また、新亜光学工業株式会社へ採用後に船舶免許を取得していない場合でも、サポートを受けられます。輸送の仕事未経験者でも、世界で活躍したいとの思いから船舶免許取得を目指す人は少なくありません。

接客にも効果あり?

精密機械の輸送を自社社員が行う新亜光学工業株式会社。デリケートな製品である分、破損のようなトラブル回避が図るのは欠かせません。しかし、自社社員が輸送をするのは、接客においてプラスに作用しています。

精密機械の注文を良く行う企業があれば、都度ごとに輸送の担当者が変わると不安を抱くかもしれません。疑問や質問が出ても、初対面の人に話すのは難しいはず。新亜光学工業株式会社は、できるだけ同じ担当者が輸送を行います。時には営業や製造経験を持つ社員がする場合も。各種悩みにも的確に答えることができれば、顧客も安心感を抱けるでしょう。他には、海外の取引先企業と接客する場合も、外国語を話せる社員が対応します。

各種細かい部分まで配慮を欠かしていないのも、高い支持を得ている理由かもしれません。


この記事をシェアする